2017年1月15日日曜日

MTB担いで讃岐までうどんサイクリング

これも更新が遅くなってしまいました。1月9日成人の日に青春18切符を使って讃岐うどんサイクリングに行ってきました。以下、その時の記録です。

1月2日の初詣サイクリングで讃岐うどんサイクリングのお誘いを受けた。他の参加者の方々はすでに人数分の青春18切符を確保されていると言うので、私は自分の切符を用意するつもりだったけど、直前に1名都合が悪くなったとのことで、ありがたくその方の分を利用させて頂くことにした。

青春18切符を複数人が同時に使用する場合は全員が同じ駅で乗降しなければならないということで、私も一旦明石駅まで自走する。

今回は夜勤明けで参加する方に合わせて明石駅9時半と遅めの集合時間。なので、余裕をもって家を出てゆっくりと旧西国街道を走る。

9時前に明石駅に到着。今回はあまり距離も走らないので
1989年製のアラヤのMTBに細めのスリックタイヤを履かせた
街乗り仕様のバイクで参加。

成人の日と言うことで、駅前は着飾った若者が沢山いた。

今日の参加者は7名。皆さん順次到着して輪行の準備。
輪行袋を忘れたたつさんは、ホームセンターで調達した
材料で上手いこと即席輪行袋を作成してホッとしておられた。
風邪で不参加となってしまったK毛さんもお見送りに来られた。
K毛さん差し入れありがとうございました。

出発が遅いので人も多く、適当に別れて乗車する。電車の中で行く店と順番を相談。私はこのサイクリングへの参加は初めてなので、皆さんにおまかせ。

姫路、相生、岡山で乗り換えてマリンライナーで海を渡る。

四国に渡ったところで後ろを見ると、
今渡ってきた瀬戸大橋が見えた。

坂出の手前で讃岐富士がお出迎え。

普通電車を乗り継いで、12時過ぎに坂出駅に到着。
たつさんのKHSに装着してあるアトラスナビは、うどん屋の電話番号を入れるとお店まで案内してくれるという優れもの。なので、たつさんのKHSを先頭に1件目の店に向かう。

心配していた雨は上がっていたが、風が強い。

まずは駅から5分走って海の近くのとらやへ。

昼過ぎなので店内で少し待ってから座る。
私はここだけのメニューらしい、明(あきら)うどんを注文。

甘めの出汁のぶっかけ風に海苔が乗せてあって、
わさびを合わせていただく。ざるそばのうどん版という感じだけど、
さすが讃岐のうどんはコシがあって美味しい。

全員あっという間に完食して、再びたつさんの案内で2軒めに向かう。


市内からすこし外れたところにあるてっちゃんと言う店に到着。


ここではかけうどんと、名物のぴっぴ飯を注文。
昼をだいぶ過ぎたとあって、うどんは時間が経って柔らかかったのが残念。
ぴっぴ飯は、ご飯にうどんとと刻んだたくあんなどを入れて炒めた
坂出の家庭料理だそうだ。うどんもごはんも1人前ある感じで
かなりのボリュームだったけど、美味しくてすんなり完食。

この後は高松市内に向かって走る。ずっとたつさんが前を引いてくれていたけど、途中でW気さんが前に出る。そして前に上がった勢いのまま、更にペースアップ。
W気さんはダホンの小径車なので、すでにギヤはアウタートップに入ったままのようだけど、追い風に乗ってロードのようなペースで走る。

いい感じになってきたので、W気さんの前に出てもう少しペースアップしたら、KHS小径のたつさんと、MTBの私の3人の異種格闘技戦みたいで面白いぞと思ったのだけど、後ろからブーイングが聞こえてきそうなので自粛(笑)

コンビニで一休みした後で控えめに前を引くが、なぜか私が前に出ただけでNaoさんから牽制がかかる。さっきのW気さんよりも大分抑えめのはずなんだけど(^_^;)


高松市内で何軒がうどん屋を回るが、3時を回って一旦休みの店ばかり。
途中にマンボウのディスプレイがあって、メニューに本当にマンボウ料理があって驚いた。

商店街からすこし外れた義経は開いていた。
電車の時間もあるので、ここが最後の店。

ここは釜揚げが美味しいというので、全員が釜揚げを注文。
たつさんはかけうどんも追加。
釜揚げ独特のとろみとコシは本場ならではの美味しさだった。

時間の関係で今回は3軒だけだったけど、充分満足して駅に向かう。


高松駅は10年前に家内とうどんサイクリングに来て以来。
駅前が随分立派になっていた。

帰りの瀬戸大橋では綺麗な夕日が見えた。

岡山駅で電車の乗り換えを待つ間に皆が食べている
イチゴのデザートが美味しそうなので私もゲット。
岡山名物の大きな花イチゴが甘くて美味しかった。
帰りは全員で西明石まで乗って下車の予定だったけど、たつさんが機転を利かせて2名分の切符を持って加古川で一旦電車を降りて改札まで来てくれた。
お陰で西明石まで行き過ぎることなく19時半過ぎに加古川に着いた。たつさん、最後までありがとうございました。

ぴっぴ飯のボリュームは予想外だったけど、それでもサイクリングしながらのうどん屋3軒は余裕だった。どこもそれぞれ違った美味しさがあって楽しかったので、次回は早い時間に行ってもっと沢山回ってみたい。

香川での走行距離32.5km 平均速度19.9km/h

2017年1月11日水曜日

POLPO初詣サイクリング

随分遅い更新になってしまいましたが、1月2日に初乗りとして恒例の初詣サイクリングに行って来ました。

サーベロ用のシューズのクリートを動かしてから
ポジションの迷宮に入ってしまったので、今日は何も触っていない
クロモリで参加。今はこちらの方がペダリングが上手くいく感じ。

早めに家を出て、明石10時スタートの皆さんを待つ。
印路の坂を下ってまた登るのが億劫になり、上のコンビニで
休んでいると、まさ姉さんとN原さんがやってきた。

明石組はパンクもあって10時半過ぎに到着。最初は皆さんと一緒に走るが、見土呂に行く手前で別れて、まさ姉さんとN原さんとのんびり権現ダム経由で一乗寺に向かう。

権現ダムで一休みして、その後もかなりゆっくり走ったけど、見土呂経由はだいぶ遠回りのようで、私達の方が先に一乗寺に着いた。


毎年一乗寺でお待ちいただいているH出さんのバイク。
いつも往年の名車に乗ってこられるが、
今年はMax Tiarionという1990年頃に住友重機が販売していた
チタンフレームで来られていた。
フォークもチタン製で、サドルはセライタリアのフライト・アルプスという
チタンレールのもの。ステムも3Tのチタンステムというチタンばかりのバイク。
コンポはペダルまで7400デュラエース。
H出さんはこれらのレアパーツをデッドストックの新品も含めて
何セットも持っておられるというのが凄い。

しばらくして全員勢揃い。

W気さんは新しく組んだスペシャのルーベで来られていた。
まだポジションが出ていないと言いながら、
いいペースで走っておられたのでコンフォート系と
いいながらも、やはりスペシャのバイクの潜在能力は高そう。

上まで上がってお参りする方々と別れて…

私達は屋台で軽く腹ごしらえ。

帰りはW気さんと二人で志方東公園経由でちょっと頑張る。
権現ダムの手前で再びまさ姉さん達と一緒になったので、裏道を通って休憩場所のコンビニに行き、一休みして解散。

暖かくて良い初乗りだった。

本日の走行距離64.5km 平均速度22.8km/h

2016年12月18日日曜日

久しぶりの銀輪団MTB 帰りは遠回りして自走

この数年、冬のMTBに1回しか乗っていない。今年も早めに乗っておかないと、乗らずじまいになりそうな気がしたので、久しぶりに銀輪団のMTBに参加することにした。銀輪団のMTBはたぶん3年ぶり。

加古川駅を8時過ぎに出発する電車で輪行。
加古川沿いは濃い霧が立ち込めていた。

9時前に社駅に到着。まだ霧が濃い。
自転車を組み立てたら9時を回ってしまった。
30分足らずで集合場所まで走るのはちよっと厳しい。

結局、途中で電話をして皆さんに少し待っていただいた。
ここまで来る電車は1時間に1本しかないので1本早いのは早すぎるし…。
やっぱり前に来たときのように自走しかないのかな?

集合場所の近くで車に乗ったM崎さんに呼び止められた。聞けばバイクを車に積むために前輪を外した時、スルーアクスルのシャフトが抜けてしまっていたことに現地についてから気がついたとのこと。これではどうにも乗れないので今日は帰りますと仰る。残念だけど、どうしようもないのでまたご一緒しましょうと別れた。

と言うことで、今日の参加者は私を入れて5人。私とK東さんは今シーズン初。あとの3人の方はすでに3回目のMTB。

今日はH谷と言う所を走るそうだ。おなじみのS谷と平行している谷だけれど、今まで良いアプローチのルートがなかったのを、Y原さんが最短でいけるルートを開拓したとのことで、まずはそのルートに入る。
ルートを開拓したと言っても、道があるわけではなく、最小限の手が入っただけの道なき道を、藪漕ぎしながらバイクを押す。

ハンドルやペダルに絡まる木の枝を払いながらしばらく進むと、急に道がひらけた。ここがH谷だそうだ。この道は入り口は川に遮られ、最後は行き止まりだと言うのに、なぜか使っている人がいるようで手が入っている。

H谷の入り口近くには猪がそこらじゅう盛大に掘り返した跡があった。
この辺りは猪が多いようで、ルートの途中にも猪が掘った溝で
デコボコになっている所が何箇所もあった。

H谷に出てからは乗車率も高くなった。途中に何箇所か出てきた小川の流れる小さな谷は、以前ならチャレンジしただろうけど、今は無難に担いで渡る。

山の中は風もなく、着ているものをどんどん脱いでいってもまだ汗ばむ位の暖かさだった。

H谷を適当な所まで登ったところで
休憩して早めのお昼にする。

Y原さんはバーナーで豚汁を作っていた。
ガスボンベが小さいと不安定なので、
自作の安定板をつけておられた。
今日はY原さんが午後から所用とのことで、先にひとりで帰られる予定だった。
でも、私達ももうたっぷり楽しんだし、山のなかで一人は良くないので、全員で一緒に帰ることにしてここで引き返す。

帰りは下りが多くなるので更に乗れる所が多く、行きよりも随分早く戻って来れた。集合場所の駐車場の下まで来たところで、皆さんと別れて社方面に向かう。年内最後の銀輪団なので、良いお年をとご挨拶。

快晴で舗装路に出ても暖かいので
帰りは車の少ない道を自走することにした。
車を避けて走っていたら、嬉野の方に出てしまい、後でみるとかなりの遠回りだった。でものんびり気持ちよく走ったのでそれもよし。

小野のコポリで一休み。
リュックに沢山持っていったお昼を全部食べたし、
補給も食べたのでパンケーキ2枚はカロリーオーバー。
でも、ハーフにしても50円しか安くならないので、
食い意地のはった私にハーフを頼む勇気はなかった(^_^;)

しばし休憩して、過剰なカロリーを燃やすために向かい風の中をせっせと漕いで16時過ぎに帰宅。次にいつ乗れるかわからないのでバイクを洗ってタイヤの泥も落としておく。

久しぶりのMTBは、今ひとつ思うようには乗れなかった。でも、この時期の山の中は心地よいし、快晴の中の帰り道も気持ちよく走れた。

総走行距離53.6km 平均速度(あまり意味はないけど)16.3km/h